読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拾いたいジャニーズ5選



”ヒモにしたい”ではなく”拾って一緒に住みたい”ジャニーズ。私包容力皆無なので養いたいという気持ちはほぼなく(←)、家事はしてもらいたいしバイトして自分のものは自分で買ってもらいたいし、ただ部屋がなくて困ってたから貸すというだけの契約条件で一緒に住みたい人ということです。イメージは有川浩さんの「植物図鑑」で。
家事の役割分担は個人によって変わります。ただし共通してることは全員恋人同士ではありません。










5位 中丸雄一

個人的にエプロンが似合いそうなジャニーズ上位。帰ったらクックパッド片手に料理作ってくれてて「まって!今めっちゃ大事なとこ!ここの火加減間違えたら全て終わりだから!」とか必死に言ってるからはいはいって流してお皿とか並べるのを手伝ってあげる。料理だけでなく家事全般やってくれる。まったく甘えてこないしもはや女として見てもらえてない。でも向こうは女っ気ないからいっか…と思っていたとき、何もない日にいきなりいい匂いのバスグッズとか買ってきてくれる。「最近肌乾燥するって言ってたじゃん、これ使えば生まれ変わったように肌ツルツルになるって店員が言ってた」とか言ってるけどそれ8割宣伝文句だから。…と思いつつも気にかけてくれたことに嬉しくなる。





4位 有岡大貴

大ちゃんには犬みたいな子でいてほしい。帰ってきたら「おかえり!」って駆け寄ってきてコート預かってくれて「今日はバイト先でこんなお客さんがきて〜」とか息子みたいに毎日色々おしゃべりしてくれる。料理は私で洗濯と掃除は彼に任せてる。疲れた日の手抜きの料理でも目を輝かせて美味しい!って言ってくれるからそれでもう私の心は綺麗に浄化。恋愛対象としては見れなくて弟って感じで可愛がってたけど、ある日見たことないマフラーしてるからそれ可愛いねって言ったら「高校時代の知り合いの女の子から貰った」とか言うからちょっと動揺する。マフラーってどうでもいい人にあげないよね?ってなって嫉妬しちゃって、あれなんで嫉妬してるんだ私…ってほのかな恋心に気付くというね。





3位 菊池風磨

恋愛対象としてでなく友達みたいな関係の同居人になりたい。家に帰ったらダブ○ソフト(食パン)を持って超ドヤ顔で玄関に立ってるから、どうしたの?って聞いたら「聞いて驚けこいつ半額だったんだぞ!これで明日からしばらく豪華な朝メシだぜぇ!」とか自慢してくる。どうやら最近節約にはまってるらしい。いやいいことだから別にいいんだけど。
掃除も洗濯も料理もしてくれるけど言わなきゃやらない。でもたまに夜中にバイトから帰ってきて疲れてぶっ倒れながら「僕はもうダメみたいだ…パトラッシュ」とかふざけてるから放置してると「パトラッシュうううう!!」って叫び出すから「あああもううるさい!」って餌(ご飯)を与えてあげる。すると無言でめっちゃ食べるからどっちが犬だよって感じ。





2位 横尾渉

キスブサの料理テーマや看病テーマを見るたびに彼と一緒に住みたい欲がふつふつと…笑
一緒に家事をするというよりはこちらがお金を払う代わりに家事から買い物まで全てやってくれる感じ。私が一人でやるよりはるかに安上がりになるから。でも私が帰ってきてそのままソファーに座ってぼーっとテレビ見てると「早く手洗ってメイク落としなよ」とかマジなトーンでいうから従うしかない。お母さんか。
ある日休日に二人で買い物してたところを友達に見られて「ねえこの前一緒に歩いてた人彼氏!?」って聞かれてちょっと嬉しくなる。でもそれを本人にいっても「へーそう見えるもんなんだ」と無関心だからアレってなって「イケメンって言ってたよ!」って付け足したらあの可愛い笑顔で「やった、ありがたい」とか喜ぶ。私はいつもかっこいいと思ってるんだけどな…と思ってしまう。





1位 大野智

生きるマイナスイオンこと大野智は圧倒的1位で。完全なる癒し。
何か嫌なことがあって落ちた気持ちで家に帰ってくると、私の顔を見ただけで察してくれたのかフワッと笑って「おかえり、お疲れ様」って頭を撫でてくれる。もうそれで張っていた気が解けてしまってそのまま抱きついて泣いちゃう。向こうはお風呂上がりだったっぽいけどそのまま私が泣き疲れて寝るまで抱きしめてくれる。気付くと朝になってて彼は先に起きててコーヒーを飲んでる。寝癖がぴょこんと跳ねてるのを指摘すると「昨日髪乾かさないでそのまま寝ちゃったからかな」とか言ってへらっと笑う。その包容力と安心感に包まれて日々過ごしたい。甘えまくりたい。
家事は二人で協力して当番制。ただし放浪癖(主に釣り)があるので帰ってこない日もある。











以上です。なんか半分くらいただの好みのジャニーズになってしまってすみません笑